Life Science Management

クリス・アーンショー 医学博士、代表カウンセラー


ゴイツ・セラピー

私たちは強力な磁石を安全に使って癒しを促進します。米国では、医師は、身体的問題から精神的問題への幅広い兆候の治癒を促進するために磁石を使用しています。
 

この革新的な方法は初めて日本で利用可能になりました。最初の50人のクライアントは無料です。

ウェブサイトに予約システムを追加しますが、現時点では電話で予約してください。


情報ボックス

12月1日現在、32無料ヒーリングが残っています



ゴイツ・セラピーの背景

初期の宇宙飛行士は、免疫システムが損なわれたときに検疫を通過しなければならず、彼らは社会にあまりにも速く再び戻ると病気になることが分かりました。

 

NASAの医師であるリチャード・ブローリングメイヤーは、宇宙飛行士が免疫力に影響を与えた宇宙にいるとき、地球の自然磁気領域によって保護されていないことを認識しました。 これを避けるため、現在NASAは磁気シャワーを使用して宇宙飛行士を脱分極させます。

 

メキシコの医師アイザック・ゴイツは、AIDS患者の治療に役立つブローリングメイヤーの研究を発展させしました。 治療に成功した後、ゴイツ先生はこの研究を拡大して、バイオマグネティック療法に反応する別の250の病気を発見しました。

 

この技法は、アイザック・ゴイツの息子モイセス・ゴイツ (写真の眼鏡をかけている人) によって (スペイン語で) 教えられています。



Goiz Therapy
Goiz Therapy

ゴイツ・セラピーについて

治療法には多くの側面があるため、ここで深く考えることはできませんが(これはワークショップでカバーされています)、セラピーは6つの概念に基づいています:1)磁気の法則2pH 3)共鳴4)エントロピー 5)共生6)シェーディング。

 

シェーディングですが、これについて考える方法は、タマネギを剥がすようなものです。 一番強い症状が解消されると、他の症状が現れるので、それぞれ別々にクリアする必要があります。 そのため、12回以上のセッションが必要です。 しかし、主な病原を取り除くだけで、クライアントに多くの救済を与えることができます。

 

写真は、小さな磁石を保護布に貼り付けたものです。



私の経験

私は25年上成人型喘息に苦しみ、仕事や運動が困難でした。 息切れや胸の狭窄と併せて、中耳炎や肺炎などの二次感染によくかかりました。

 

西洋医学は緩和的であり、身体に対してかなり積極的であるので、私は何年もの間代替療法を探しました。 ホメオパシー、バッチ・フラワー、気功、バイオフィードバックなどいくつかのセラピーを学んだが、成功しませんでした。ゴイツ・セラピーは、私の症状を解消し、私の体を自分自身で癒すことができる、初めて成功した治療法なのです。

 

最近、私は足に重い物を落として骨を折りました。 傷に負の磁石をかけると、1時間後に痛みは消えました。 私は足がギブスで固定されていた場合よりも速く治癒したと信じています。 また私は、当時持っていた肩の痛み(五十肩)を完全に治りました。 痛み療法における磁石の使用を調べていると、ジャニス・ベイリーの本に出合いました。その後私は、「Escula Superior De Biomagnetism Medico」に認定されました。



ゴイツ・セラピー

ゴイツ・セラピーは磁石で鍼治療すると言われていますが、経絡を使わず、体内のさまざまな臓器に焦点を当てているため、これは間違っています。

 

治療は2つの部分に分かれています:まず、磁石を使って体をスキャンし、問題が発生したときには、体がわずかに痙攣します。 78箇所以上がスキャンされるのに、約30分かかります。 問題点が見つかると、磁場がその箇所のpHのバランスを取り戻すように磁石を30分放置し、クライアントは安静にして頂きます。 すべての治療に約60分かかります。

 

セラピーは3つの方法で機能します。 第一に、急性の問題に対して迅速に対応します。次に、慢性的な問題では、症状の層を取り除きます(シェーディング)。 最後に、問題になる前に原因を取り除き、予防的に働きます。 たとえば、私は過去5年間、毎年肺炎にかかりました。昨年(2016年)は二重肺炎で、深刻な状態でした。 しかし、Goizセラピーを使用して根本的な原因を解決しているので、今年からはこの病気になるとは思いません。

 

治療はクライアントが服を着た状態で行われ、服を保護するためにその上に布をかけます。

 

クライアントは何も感じないでしょうか。 ゴイツ・セラピーの副作用は有りませんが、治療によって身体が解毒するため、治癒反応を経験する人もいます。

 

ゴイツ・セラピーは、妊娠中、癌の治療を受けている患者(しかし治療開始前に推奨されますが)やペースメーカーを入れている患者は受けられません。


クライアントは、治療を開始する前に、データシートとインフォームドコンセントの用紙を記入する必要があります。法的通知を参照してください.


予約受付

ワークショップ

私たちはゴイツ・セラピーを紹介するために英語と日本語で実践的なデモンストレーションを行う定期的なワークショップを開催します。

 

将来、私は週末の入門コースも開きたいと思っています。アメリカではスペイン語で(同時通訳付き)教えられてあり、日本人にとっては難しいと思います。 英語を話す方でも、医療従事者を対象とした1週間のコースは難しく、医学用語、解剖学的構造などの知識が必要とされます。

 

詳細は、このウェブサイトのカレンダーを確認するか、メールを送って下さい。



ご来場前に

1)予約をとって下さい。
2)セラピーについてはリラックスしてください。痛みなどはないので、心配することはありません。しかし緊張していると、体がセラピストにコミュニケーションすることがが難しくなります。
3)着心の良い服を着用し、女性はズボンを着用してください。
4)セラピーの説明のため、予約より15分早く到着してください。 遅刻した場合は、セラピーの一部しか受けられません。

ご帰宅後

体の解毒を助けるために水をたくさん飲んでください。


予約受付