パーキンソン病の寝たきり患者(ホーエン・ヤール4か5度)のための訪問サービス

パーキンソン病における高ガウス磁石の使用は、痛みを軽減し、運動性を改善することが示されています。

 

今まで、この療法は病院でのみ利用可能でした。2018年8月から、家庭や病院*訪問サービスを始めました。補充療法であるため、患者は主治医の承認を必要としません。

 

この療法はペースメーカーを使用する患者で行うことができるが、癌治療を受けている患者には禁忌です。結果を保証することはできませんが、これまでに75%の患者が肯定的な結果を得ています。

 

療法は月四回、最初に4つのセッションがあり、改善があるかどうかを確認します。 通常は16セッションが必要です。一回は約60分かかります。

 

療法前後の写真とビデオはこちら:写真

 

日本初上陸キャンペーン割引!

4回療費は月¥40,000、税別、交通費込み

振込先:三井住友銀行、麻布支店 
   ふ 01149815

 ライフ・サイエンス・マネジメント宛

 

予約は 070-3822‐3366 9時~18時

アンケートを送信。

 

*病院で療法を受けるためには、主治医の許可が必要です。


  •  A地域は金曜日、山手線中心
  •  B地域は火曜日、小田急線や東海道線中心
  •  C地域は水曜日、京王線や中央線中心

 これ以外の地域は要相談です。

 

 いずれも、時間帯は

     午前 11時~12時

     午後  1時~2時

         3時~4時

     夕方  5時~6時


予約手順

  • 患者のゴイツ・セッションは、日内変動オン現象と一致しなければならず、ジスキネジーがあまりにも激しい場合、療法は不可能です。
  1. 適切な曜日と時間は空いているかどうかを下のカレンダーで確認して下さい。(予定リストのビュー)
  2. 電話下さい。仮予約します。
  3. アンケートを記入して下さい。
  4. 療費を確認されてから、こちらから連絡致します。
  •  先ずは、患者は4回のセッションのみを受けてから、改善が確認されたら、より長いセッションを計画することができます。
  • 最初のセッションの前に患者さんはインフォームドコンセントに署名する必要があります。 詳細はこちらをご覧ください

予約状況ー8月20日現在

  A地域 B地域 C地域
午前 11~12時
午後 1~2時
   3~4時
夕方 5~6時