鶴巻温泉病院でのパーキンソン病パイロット研究

この研究は、2018年3月で始まりました。目標は20人のセラピーを無料で行います。参加したい方、ご連絡下さい。鶴巻温泉病院地域連携室: 
フリーダイヤル 
0120-131-146
        0463-78-1319
パイロット研究センター HP:  www.sankikai.or.jp/tsurumaki


新しいパイロット研究の患者を募集

鶴巻温泉病院ではパーキンソン病患者に対して、高ガウス磁場治療を試みています。これまでに4名の患者にこの治療を試みたところ、3名の患者において良好な結果が得られています。更新されたデータを添付しています。われわれは、このパイロット研究をさらに進めたく、この研究に参加する患者を募集します。

 

研究の対象となる患者は、Hoen-Yahr(ホーエン・ヤール)Ⅲ度以上の日常生活に介助を要するレベルの方です。介護者の休養のために当院の在宅サポート入院(レスパイト入院)のサービスを利用していただき、2~4週間の低料金の入院でリハビリテーション行います。その時、高ガウス磁場療法を無料で提供します。

 

当院でのリハビリテーションおよび高ガウス磁場治療を希望する方がおられましたら、どうぞ当院の地域連携室へ電話してご相談ください。


途中結果をダウンロード

Download
パイロット研究の途中結果:2018年6月
鶴巻温泉病院のDr. 中島雅士部長による患者メモ
患者サマリーAug2018_+Okubo.pdf
Adobe Acrobat Document 504.0 KB

臨床的有用性指数の見方

  副作用
 治療効果 なし 日常生活を損なわない 日常生活に影響する 治療効果を凌駕する
4.著明一明らかな改善。完全またはほぼ完全な症状の消失。 4.00 2.00 1.33 1.00
3.  中等度ーはっきりした改善。症状の部分的な消失。 3.00 1.50 1.00 0.75
2.最小度ーわずかな改善。患者の日常生活または介護に影響しない。 2.00 1.00 10.67 0.50

1.  変化なしまたは悪化。

1.00 0.50 0.33 0.25

注: この表は指で左右に移動することができます


「難病の認定患者総数」は、1974年の14,691人から、2014年には922,108人にまで増加している。40年間で62倍の増加です。